キューリグの専門店Kカップの感想。

キューリグで取り扱うようになった有名店とのコラボのK-cup、買った8種類を飲み終えたので、味の感想をメモ代わりに書いてみようと思う。あくまで個人的感想です。


●セガフレード ザネッティ ローマスタイル
公式説明「芳ばしい香りと苦み、酸味は少なくすっきりとキレのある味わいです。」
感想:確かに酸味はない。けれど香りと苦味も、UCCのKカップと比較して少ないような。いろいろこざっぱりとしてる感じ。これを「すっきり」と表現していいのかなあ?と。私的にはリピートはなし。

●トミヤコーヒー オリジナルブレンド
公式説明「柔らかな風味から引き出されるコク。まろやかさの中でしっかりと量感を感じるブレンド。」
感想:確かに柔らかでまろやかなコクを感じる。密度が濃い、こういうのを「量感がある」って言うのね。コーヒーのおいしい喫茶店の味がしてかなり好みだ。
ちなみに、冷めてしまった飲み残しを飲んでもおいしかったw

●タニタコーヒー プレミアムブレンド
公式説明「ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸をたっぷり含んだコーヒーです。調和のとれた酸味・甘味のある味わい。」
感想:少しの酸味、全くない苦味と奥行き。どれも平均点に届かない感じ。私的にリピートなし。残りのカプセルをどうしようかと途方に暮れている(笑)

●上島珈琲店 オリジナルブレンド
公式説明「芳醇な香りと心地よいコクが特長のコーヒーです。」
感想:公式説明が短っと思ったけど、本当に香りが安心する良いコーヒーの香りがたっぷりあって、コクもなるほど丁度いい。酸味>苦味な感じだけど全体的にバランスがいい。
最初は、有名すぎる店だからリピートはないかなあと思っていたけど、飲んでみたらとても好みなので、近所にもないことだしぜひリピートしよう!

●カフェ・ド・クリエ ホームブレンド
公式説明「苦味と甘みのバランスが良く、マイルドでコクのある味わいに仕上げました。」
感想:今のわたしには、甘味より苦味が強めに感じた。でもなるほど良いバランス。マイルドではあるけどコクはそんなにないかなあ。香りもあまりないのが残念。

●京都 小川珈琲 オーガニックコーヒー
公式説明「トリプル認証コーヒー豆100%使用。スパイスのような香りとキャラメルのような甘さ、クリアな後味が調和した味わいです。」
感想:この、香りがキリッとしてるというか鋭さのあるのが「スパイスのような香り」っていうの?初体験。初だからか、香りは普遍的な「いつもの」コーヒーの香りの方が安心するなあ。味は、「キャラメルのような甘さ」とは思わないが少し甘い。総合的にこの味わいはそんなに惹かれないなあ。インスタントの味とはかけ離れているから、ハマった人にとっては唯一無二のコーヒーだとは思う。

●プロントブレンド
公式説明「しっかりとしたコーヒー感と、コクがありながら、バランスのよい味わいに仕上げました。」
感想:なるほどしっかりしてる。苦味はそんなにないのに、「コーヒーだよ!」っていうコクと主張がある感じ。でももっと深さがあったら良かったなあ。そこはそれぞれの好みで「バランス」を取った部分かも。

●英國屋 リッチテイスト
公式説明「酸味・苦味・コクの豊かな味わいと芳醇な香り。ミルクを入れてカフェオレにしても、リッチなコクを感じられます。」
感想:自宅でそこそこ良い豆を使って淹れたコーヒーの最高峰、喫茶店で出てきたらまあまあ……といったおいしさ。香りは結構良い。香り大事。

Category: コーヒー

Kカップのラインナップ増えてた!


コーヒーメーカーのキューリグからメルマガが来てた。おまかせ定期便とな。
本体と、おまかせコーヒーポーションを6か月間毎月送ってくれるらしい。なぜ本体を持っているわたしにお知らせを送ってくるんだ(゜□゜)
それはともかく、定期便解約の際は本体を返却しなければいけないっていうのがアレだなあ。少し月額料金を高くして期間を長くして本体返却不要なプランを作れば、キューリグ生活にロックインしてもらえるのにねえと思った。

ところで、キューリグをすでに持ってる者として、上のページを見てて発見があった。
なんと、Kカップ(キューリグコーヒーポーション)のラインナップに、
小川珈琲・英國屋・上島珈琲・タニタカフェ・プロント・セガフレードザネッティ・カフェドクリエ・トミヤコーヒー・Scrop・ヒルス
がいつの間にか入っていた!
キューリグ、ラインナップを豊富にする気があったんだ……っていうw
おまかせ定期便のみじゃなくて、通常販売のラインナップにも入っていたのでわーい!次回購入するのを楽しみにしようっと(o'ω'o)
コーヒー以外だと、アフタヌーンティ・中村藤吉本店も追加されていた。

めも:
Amazonでも、上の新しいコーヒーのK-cupが、2箱セットが多いけどプライム配送料無料で、定価(現在のところなので注意)で買えるようだ。
スターバックスのK-cupは相変わらず公式ストアで買えないけどAmazonと楽天で買える。公式でも取り扱ってくれないものかねー。
Category: コーヒー

コーヒーの好みも激変するもの。

久しぶりに飲んだ、マウントハーゲンのデカフェインスタントコーヒーが、かなり苦く感じた。
この苦さだと、楽しく飲めないなあ、と思ってしまったくらいに苦味がある。
わたしのコーヒーの味の好み、かなり移り変わったなあ。

ということは、これまで集積したデータでコーヒー購入ができないってことだ( ;゚д゚)ゴーン
いや、そのコーヒーは避けるっていうデータはあるか……。
今のストックを飲み終えたら、改めて今の好みのコーヒーを買わないとなー。
楽しくもあり、面倒でもあり。
教訓になったのは、「好みは移り変わるものだから、今の好みだからといってストックを持ちすぎないこと」です(`・ω・´)
Category: コーヒー

エイプリルフールコーヒーセット。

珈琲問屋で、エイプリルフールセットを購入した。
↓珈琲問屋メルマガから引用。

そして、4月4日9時まで、ブルーマウンテンNo.1をはじめとする下記の高級銘柄が「ウソのような」特別価格に!

☆「珈琲の王様」とも称される、ジャマイカコーヒーの最高級品!
ブルーマウンテンNo.1 (生豆時100g) 
[50%OFF] 定価1,807円→903円

☆ブルーマウンテンの希少な丸豆だけを集めた逸品!
ブルーマウンテンピーベリー (生豆時100g)
[45%OFF] 定価1,850円→1,000円

☆ブルーマウンテンNo.1を30%使用した贅沢ブレンド!
ブルーマウンテンNo.1ブレンド (生豆時100g)
[35%OFF] 定価773円→500円

☆上記のブルーマウンテン3銘柄と「まぼろしの銘柄」コピルアックの豪華セット!
エイプリルフールセット
┣ブルーマウンテンNo.1 (生豆時100g)
┣ブルーマウンテンピーベリー(生豆時100g)
┣ブルーマウンテンNo.1ブレンド(生豆時100g)
┗スマトラアチェ コピ ルアック Tonya Selection (生豆時50g)
[42%OFF] 通常価格6,927円→3,980円


届いた中に入っていたペーパー。↓
20200423-IMG_1876.png


まずはコピ・ルアックから飲んでみた!

香りが……すごくいい!こんないい香りの珈琲はいつぶりだろうというくらい。
一方、味は、好みの味ではあったけど普通クラスで、ハマりそうでなくてホッとしちゃった(笑)。

次に、ブルーマウンテンを飲んだ。
あーこれ、香りと味のバランスがすごく良い!好きだ!
「滑らかな舌触りと、味・酸味・甘味・苦味が全て調和の取れた絶品」とパッケージに書いてある。
わたしブルーマウンテンドストライクなのかなあ。他のお店の豆でもそう思うかは、いろいろ飲んでみないとだなー。

以前は苦味重視派だったけど、近年はマイルド寄りに好みがシフトしつつある現在なので、またいろんなコーヒーとの出会い・再会をしたいな。
Category: コーヒー

ストック品を隠しまくりたい。

コーヒーの2Lx6本ペットボトルを、やっと飲みきった……!

2Lペットボトルは、我が家のベッド下の衣装ケース(ストック品の保管場所にしている)に横にしてぎりぎり入らない高さ(厚み)なので、そのまま部屋の中に鎮座させるしかなくて場所を取って困っていた(´・ω・`)教訓にして、次回は1Lボトルしか買わないようにするぞっ。

まだまだ家の中の片付けが進めば、新たにストック品を収める場所を生み出せそうなんだけど、今はパワーがない……。
ストック品やダンボール箱を床置きせずに綺麗に隠せる家を目指したいけどいつになるかなー。
Category: コーヒー

便利さも捨てがたい。

スティックタイプのブラックコーヒーが、ほぼなくなったので、瓶タイプのインスタントブラックコーヒーを買った。人として少し進歩した(笑)
少し前から、キューリグもまた使うようになった。気のせいじゃなく、1杯に掛ける額と手間は、おいしさにちゃんと比例しているなあと感じる。

でも、スティックタイプは本当に手間を省きたい時に役立ってくれることが分かっているし、瓶タイプは自分の好きな量が飲めるから、コーヒーメーカーを使う元気が出てきても常備しておこう。楽ちんで安定したおいしさ=便利(`・ω・´)
Category: コーヒー

ミャンマーシャンリーコーヒー。

久々に、コーヒー豆(豆のまま)を買って、ミル付きコーヒーメーカー(パナソニックNC-A56-K)で淹れて飲んだ!

聖さんの日記で見て、おいしそうだと思って購入。

“東洋のパナマ”から爽やかな一杯
シトラス系の爽やかな香り。
やわらかな口当たりにレモンを感じる酸味。
アプリコットやマスカットのような甘さに
カカオやグリーンティーをイメージするコクと苦み。


確かに爽やかでスッキリした酸味があったけど、コクと苦味はわたしの好きな感じじゃなかったー。香りは好き。
説明からも分かる通り、スタンダードなコーヒーではないので、それを分かって特別な一杯が欲しい時に飲むのが良さそう。
できればスタンダードなコーヒー豆のいいやつと並べて飲むっていう楽しみをしたいけど、コーヒーメーカーは1つだし、わたし自身がコーヒーを1日に2・3杯しか飲まないので、それは夢さ(´・ω・`)そういう人達のために、珈琲専門喫茶とかがあるのねー。

とりあえずは久しぶりにミル付きコーヒーメーカーで豆から淹れたコーヒーを飲むことができたので大満足!
スタンダードコーヒーはインスタントでも十分技術成熟してておいしいけど、いろんな選択肢があって香り高いのは専門店の豆だから、今後も併用して楽しんでこー(`・ω・´)
Category: コーヒー

スティックコーヒーにも頼り始めた。

最近、スティックコーヒーを便利に使っている。
スティックはこれまで、牛乳成分を自宅じゃ頑張れないカフェラテタイプは買っていたけど、とうとうノーマルコーヒーもスティックコーヒーを買い始めた!

上の「AGFマキシム ブラックインボックス アソート」は、「ブラジルブレンド、コロンビアブレンド、モカブレンド、キリマンジャロブレンド」の、スタンダードな4種類のブラックコーヒーでどれもおいしかった。マイナス点を挙げるとすれば、芳醇な香りはあまりないのと、苦味酸味柔らかみなどの高低差が4種類の内でそんなに差がないこと。スティックタイプって、「あらかじめ最適な量を量ってくれているインスタントコーヒー」なので、とにかく手間を省いてそこそこのコーヒーを飲みたいっていう人にコスパ的にはマッチしていると思う。
今、わたしが「コーヒーは毎日飲みたいんだけど、コーヒーメーカーの手入れすら面倒くさい~」という体調なので、スティックタイプには大分助けられている。

あと書いてて思ったけど、学校や職場に持ち込むのにスティックタイプの飲料って適してるよね。自分の好きな味が出先にない、でもマイカップは置いておける、みたいな場所で、その日の気分で飲み分けられるのはいいなぁ。わたしが学生だった頃、モンカフェとかドリップタイプのコーヒーを持ち込んでたけれど、ドリップする間(そんなに長い時間じゃないけど)電気ポットを占領するのが、並んでる人に申し訳なかったなぁと思い出した。


しかし、コーヒーの自分ドリップも頑張りたいなーとは思っているのに、ブラックコーヒーまでスティックという「コンスタントにそれなりの味が作れるよという商品」に手を出せば出すほど、自分の上達とは程遠くなっていくよね……(・ω・;)
Category: コーヒー

キューリグ2代目。

キューリグコーヒーメーカー、2台目、じゃなく2代目が届いた!

水を沸騰させてる最中、まだ抽出ボタンを押してる場面じゃないのに、熱湯が抽出口から放射状に噴き出して飛び散るっていう状態になっていたのでサポートセンターに電話をかけたら、「弊社では分解修理っていうのをやっていなくて、有償で新しい本体と交換になります」と言われて、送料含めて計算しても市場価格と比べて少し安くなるので有償交換をお願いしたのだ。

有償交換に際して、本体カラーは別の色を選択することもできるよって言われて、ブラックにするのもいいなぁと迷ったけれど、これまで通りのホワイトにしたっ。周りの電化製品とのバランスもあるしねー。

それにしても、キューリグ、ユーザー側で外せる部品が少なすぎて、清掃するにも修理しようにも限界がある。ていうかメーカー修理も受け付けてなくて有償交換のみっていうからメーカー側でも部品外せない作りなのだろうね(・ω・)
粉詰まりくらいしか自分で直せる故障はないと覚えておこう。次壊れたら、市場価格によってはそのまま購入の方が安くなってるかもしれないよっていうのもめもめも。

Category: コーヒー

コーヒー感想5つ。

ちょっと前に買ったコーヒー5種の感想を書こう。リキッド3種、ドリップタイプ2種。


澤井珈琲は、コーヒーをよく飲むようになった初期にヘビーリピートしていた。プライムデーで安くなっていたので再び買ってみたー。
「通常の2倍の珈琲豆で抽出」してるらしく、苦み・深みがあるけどさらっと飲める。以前のわたしはすごく苦味を求めていて、その頃はこれで「少し物足りないけどごくごく飲める」感じだった。今のわたしはもう少しマイルドさが欲しくなっているので、このリキッドコーヒーが「しっかりした味の珈琲で少し苦め。オレにするとかなり丁度いい」という感想に変わった。



気になっていたコーヒー、プライムデーの割引価格で買ったけど、リピートはないなー。
深みがあると書いてあるけど、薄さの方がより強く感じて物足りなかった。ぐびぐび飲めるといえばそうだけど水感が強かった。
【メモ】セール価格1419円、通常時2276円




これはカフェインレスのリキッドコーヒー。苦味はあんまりない。一方深みもあんまりない。カフェインレスリキッドの選択肢の一つには入るかもだけど、わたしは「ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め ボトルコーヒー カフェインレス」の方が好きだ。



これはかなりおいしかった!珈琲にこだわる喫茶店の手淹れのコーヒーの味がする。酸味が少ないので非常に好み。小川プレミアムブレンドとコーヒーショップブレンド、どちらがどうだったか忘れちゃったけど、「この気分の時は絶対こっち!」というほどは差はなくおいしいコーヒーが飲める。
【メモ】セール価格で1杯41円、通常時52円



セール価格だと1杯26円とコスパが良い。ドトールショップから香って来るあのいい香りがする。飲んでみると香りほどは味の深みがない気はするけど全く問題なくおいしいドリップコーヒー。
【メモ】セール価格で1杯26円、通常時32円



ドリップコーヒーに個人的当たりを発見できた1か月だった。リキッドはずっと買ってる「ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め ボトルコーヒー」が、カフェイン有り無しともにいまだにコスパがいいと感じる!
Category: コーヒー